当院でのお産

1、診察時間と曜日
月~金曜日まで 9時半~16時まで 予約制

2、妊婦健診のめやす
・妊娠23週までは4週間に1回
(予定日がはっきりするまではお近くの産科医院で通院してください)
・妊娠24週から35週までは2週間に1回
・妊娠36週以降出産までは1週間に1回
*当院の連携病院は市立ひらかた病院です。妊娠20週頃と28週頃と36週頃はそちらで受診していただきます。
*毎回、ウエストがゴムの長ズボンと靴下、ハンカチをお持ちください。
*妊娠が判明したら、早めに見学にお越し下さい。
3、妊婦健診の流れ
おおむね母子手帳をもらわれたら、当院での妊婦検診が始まります。
その時、受診されていた病院から紹介状や検査結果をお持ちください。

  1. 血圧、体重測定、尿検査、お腹の触診と計測、赤ちゃんの心音聴取
  2. 自律整体施術と体操指導 身体の不調を改善し骨盤のゆがみをとります。

    骨盤のゆがみがないとお産がスムーズで産痛も軽いのです。逆に歪みが大きいと逆子になったり、お腹が張ってきたり、体の不快な症状が出やすくなります。施術は押したり揉んだりはしません。逆子の外回転術もしません。自律整体の特徴でもありますが、急所を術者が手で温めることで、ご本人の呼吸の動きを利用して関節のこわばりをとっていきます。そして自己管理できるよう簡単な体操指導をします。

  3. 妊娠中の食事について

  4. 臨月に入ってからは分娩監視装置を使って赤ちゃんが元気かどうかのスクリーニング検査と内診をします。
  5. 赤ちゃんの準備・入院必要物品準備
  6. おっぱいの手入れ
  7. 妊婦健診料 初診7,000円 再診5,000円
    *妊婦健診補助券を一部充当します

4、教室のご案内
NPO法人くるみの会で企画するセミナーに参加していただいて、実際お食事を食べていただきます。毎週月曜は妊婦とママの整体教室です(最低1回はご参加ください。食材費500円が必要です。)お産の流れと過ごし方については適宜開催いたします。

5、入院費用
初産婦5日間 経産婦4日間入院で大体50万円(産科医療保障制度の保障金16000円込)直接支払制度を使われる場合、従来の直接支払制度を使われる場合42万円から不足分のみ自己負担となります。
退院時にご精算ください。
□37週になりましたら、8万円前納ください

6、入院中の生活
自律整体の指導があるため和室です。
ごはん 朝7時 昼12時 夕19時頃
午前中に沐浴やお母さんのケアを行います。
お母さんのシャワーは適宜できます。
面会時間は正午から20時まで(分娩の時はフリーです)
長時間および大勢の面会はご遠慮願います。

7、緊急時の対応について
万が一、異常な兆候がある場合は、大阪府母体搬送システムや新生児搬送システムを使って、緊急搬送となりますことをご了承ください。
8、その他
お産は日常生活の延長で進みます。ご家族の皆さんとできるだけリラックスして過ごすことができるよう対応いたします。産後の入院中の付き添いは必要ありません。
・お産が終わったらそのまま母児同床です。できる限り母乳育児を目指します。赤ちゃんの衣類は入院中は必要ありません。退院時のものを一式ご用意ください。
・貴重品や多額の現金をお持ち込みにならないようお願いいたします。
・院内での喫煙は固くお断りいたします。

LINEで送る