はるか助産院・自分でできる体操

▶ねこの体操

妊婦さんにモデルになっていただいて撮影しています。
妊娠・出産前後にぜひ習慣づけて欲しい体操です。

▶朝一番起き方〜日中の立ち方・座り方〜夜寝る時、横になり方まで

一日の始まりから終わりにかけて取り入れて欲しい体操、動きを説明しています。

この体操は股関節の正しい動きをさせることから始まって、仙骨の調整、その上の腰椎の調整をもたらします。
腰椎4番5番といった骨盤の開閉や前後の動きを含みますが、ここは老化に伴い歪みやすいところです。この体操を朝晩行うことでその歪みを改善することができます。

椎間板ヘルニア、腰椎滑り症、ぎっくり腰、上半身の猫背や脊柱側湾症肩の痛みや首の痛み、手首の痛みにいたるまで、身体の関節のトラブル全般がこの周辺の歪みから始まります。この体操は、これらのトラブルをお持ちの老若男女どなたか行っても症状の改善が期待できます。

妊娠前後の方にもおすすめの体操です。乳腺炎といった症状にも、肋骨の動きが改善されるためおっぱい全体の循環がよくなって、軽快することが多いと考えられます。
骨盤の開閉はお産の時に必ず起きるので、この体操はお産の際の骨盤の動きをスムーズにするための安産体操でもあるのです。

当院では整体の施術にて身体の調整をおこなっておりますが、人の身体にはそれぞれ動きの癖があります。ですので、時間とともにまた調整が必要な状態に戻ってしまいがちです。この体操を行うことで日々その癖によって歪んだ部分を元に戻しておくことで、大きなトラブルを回避し、調整の必要のない状態を維持することも可能なのです。
ご自身で自分の身体の調整が可能なのです。

できれば毎朝晩、難しい場合はせめて調子が悪いと感じるような時は数日続けて試してみてください。

皆様が日々身体のトラブルが少なく、快適に過ごせることを願っております。

LINEで送る