お産の前後

お産まで(健診・費用ほか)>>

まずは一度早めに見学にいらしてください。

その時、骨盤診断して、つわりや腰痛、お腹の張りなどの対処法を指導いたします(無料)。

妊娠初期のうつ伏せになれるうちに見せていただけるとみやすいです。

妊娠初期の一番不安定で、つらい時期。心身ともに、どうすれば楽に過ごせるか・・一緒に考えてすごしましょうね。

おおむね母子手帳をもらわれたら、当院での妊婦検診が始まります。
その時、受診されていた病院から紹介状や検査結果をお持ちください。

 

1、診察時間と曜日
月~金曜日まで 9時半~16時まで 予約制です

2、妊婦健診のめやす
・妊娠23週までは4週間に1回
(予定日がはっきりするまではお近くの産科医院で通院してください)
・妊娠24週から35週までは2週間に1回
・妊娠36週以降出産までは1週間に1回

<妊婦健診料> 初診7,000円 再診5,000円
<入院費用>
初産婦6日間 経産婦5日間入院で大体50万円(産科医療保障制度の保障金16000円込)
直接支払制度を使われる場合、従来の直接支払制度を使われる場合、出産手当一時金42円から不足分のみ自己負担となります。

*妊婦健診補助券を一部充当します
<連携病院>市立ひらかた病院
妊娠20週頃と28週頃と36週頃はそちらで受診していただきます。
基本的には同伴させていただきます。一回目予約は当院からファックスでお取りいたします。

*毎回、ウエストがゴムの長ズボンと靴下、ハンカチをお持ちください。

3、妊婦健診の流れ

    1. 血圧、体重測定、尿検査、お腹の触診と計測、赤ちゃんの心音聴取、適宜エコー診察
    2. 自律整体施術と体操指導 身体の不調を改善し骨盤のゆがみをとります。

      骨盤のゆがみがないとお産がスムーズで産痛も軽いのです。逆に歪みが大きいと逆子になったり、お腹が張ってきたり、体の不快な症状が出やすくなります。施術は押したり揉んだりはしません。逆子の外回転術もしません。自律整体の特徴でもありますが、急所を術者が手で温めることで、ご本人の呼吸の動きを利用して関節のこわばりをとっていきます。そして自己管理できるよう簡単な体操指導をします。健診に来る前と帰る時では歩きやすさが違います。

    3. 妊娠中の食事指導について

はるか助産院は重ね煮クッキングや簡単な薬膳料理の考え方を指導しています。

加えて当院の院長 黒田が代表の、NPO法人子育てネットくるみの会主催ママランチ取り分け離乳食会」を最低一度は参加していただきたいのです。

あるもので簡単でおいしくて、身体の機能を高めるような食事を実際に食べていただくと、また新鮮な感動が…。

一世代上の調理スタッフ、東間氏のおいしいご飯を食べたら、お産の勇気もわいてきます

上の子どもさんと一緒にでもご参加くださいね。たぶんお産の後も、ここが居場所になるかもです。

 

  

 

4、お産の話

自律整体の体操や呼吸法を実際に練習しながら、お産の流れや過ごし方をお話ししています。

バースプランは毎回の健診でゆっくりイメージを作っていきます。どんな姿勢が楽なのか、自分の体に向き合います。

立ち合いはご本人が希望されるならどなたでもできるだけ対応いたします。いつ頃呼ぶのかご相談しましょうね♡

もちろん、ご家族の都合がつかず、ご自身一人でのお産になりそうな場合でも、大丈夫です(笑)。

楽しいお産を援助します。上の子どもさんがいらっしゃるときは機会を見て、お産の絵本でお話をさせていただいています。

それは、子どもさんの様子を見ながらなのですが、子どもながらに、おかあさんが大丈夫かと心配するのが常。できるだけ安心できるようお話しさせていただいています。

この本でお話し~。

6、入院中の生活
・自律整体の指導があるため和室です。
・ごはん 朝6時半 昼12時 夕19時頃
・面会時間:正午から20時(分娩の時はフリー)

午前中に沐浴やお母さんのケアを行います。
お母さんのシャワーは適宜できます。

長時間および大勢の面会はご遠慮願います。

7、緊急時の対応について
万が一、異常な兆候がある場合は、大阪府母体搬送システム新生児搬送システムを使って、緊急搬送となりますことをご了承ください。

8、その他
お産は日常生活の延長で進みます。ご家族の皆さんとできるだけリラックスして過ごすことができるよう対応いたします。
産後の入院中の付き添いは必要ありません。
お母さんのお洗濯はこちらでいたします。

・お産が終わったらそのまま母児同床です。できる限り母乳育児を目指します。
赤ちゃんの衣類は入院中は必要ありません。退院時のものを一式ご用意ください。